日本人でも楽しめるおすすめカジノ

カジノは日本国内ではまだ許可されていないため、日本国内では楽しむことが出来ません。しかし、国外に目を向けると、一大テーマパークのように都市が形成され、整備されている国もあるので興味のある方は訪れてみると良いでしょう。特にラスベガスは有名ですが、日本からは距離があり、また遊び慣れていないという方には敷居が高いイメージもあります。日本からでも渡航しやすい場所にもカジノはありますので、旅行のついでに訪れてみるのも良いでしょう。

渡航距離が短く、移動に時間をかけたくない方には韓国がおすすめです。韓国は日本から多くの飛行機が就航していますが、インチョンの他、釜山など首都以外でも遊ぶことが出来ます。家族旅行で訪れた際に、奥様と子供がショッピングに行っている間など隙間時間でも楽しむことが出来ます。韓国では19歳以上しかカジノに入場出来ないため、子供と一緒に入場することが出来ません。しかし、ホテル内でプレイする場合、ホテルの託児所を利用することが出来たり、成人されている奥様はもちろん一緒に遊ぶことも出来ますが、ギャンブルに興味がない場合はホテルでエステやマッサージなどを楽しむことが出来ますので、自分だけが遊んでいて申し訳ないという罪悪感を感じることもないでしょう。また、ラスベガスでは日本語が堪能なディーラーやスタッフがいないので、プレーに不安を感じる方もいるでしょう。しかし、韓国では日本語を上手に操るディーラーも多いので、気軽に楽しむことが出来るので日本人にもおすすめです。

諸外国のカジノでは自国の国民にカジノの出入りを認めていない国もあり、韓国も韓国の国民はカジノに入場出来ないシステムになっています。シンガポールなどもシンガポールの国民が自分の国で遊ぶことが出来ない仕組みになっていますが、入場の際にパスポートの提示を求められますので、必ず忘れないようにしましょう。忘れてしまうと遊ぶことが出来ません。
カジノVIPジャンケット業者の仕組み(マネージャーシステム)」見ていない方はこちらの記事もチェック

海外のカジノではドレスコードがある場合も少なくありません。大人の社交場としてそれにふさわしい恰好をして行かなければ入場出来ない場所もありますが、韓国はそれほどドレスコードに関して厳しい国ではありません。女性の方の著しく露出が多い服装や、サンダルのような軽装は出来れば避けるべきではありますが、カジュアルスタイルでも入場することが出来ますので、気軽に遊ぶことが出来ます。旅行のついでに気軽に楽しむことが出来るので初めてのカジノデビューに良いでしょう。