日本でカジノが出来た場合の年齢制限

カジノを誘致するということは、単なる遊技場がそこにできるということではなく、税収を確保できたり、観光客を呼び込めるという観点からも経済的には非常に重要なものとなります。経済効果が高いものなので、日本国内でも頻繁に設置の議論が検討されており、近い将来合法化されていくのではないかと予測がされています。この現状の中でカジノでプレイできる年齢についても議論がなされております。

大抵の国では18歳?21歳の間でプレイが行えるので、日本もその範囲内で年齢瀬制限をかける事になり、一番有力なのは20歳以上というのが有力です。この年齢ならば国内では成人として扱われるので、飲酒や喫煙も行うことができ、お金を賭けてカジノをしても問題が無いとされているからです。将来成人の基準が今より下がった場合には18歳からプレイできるようになることも考えられるので、何歳からプレイできるかはその時の国家機関の判断に委ねられています。
W88カジノの評価評判/口コミレビュー」こちらもどうぞ

国内では候補地が名乗りを上げており、有名な観光地がある地方はもちろんのこと、過疎化と少子高齢化が進む地方で少しでも活気をつけるために誘致を検討している地方があるのも事実です。お金が流れるということは当然のごとくそこで雇用が生み出され消費も頻繁にされるということになるので、日本国内でカジノを合法化した時にはかなりの経済効果が出ると試算されています。カジノが建設される場合には遊戯施設の他にもその周辺にショッピングセンターを立地させたりホテルをいくつか誘致することになるので、沢山の人達が行き交うことになります。その地域のみならずエリア全体が潤うというのがメリットでもあり、ただ単にギャンブルの施設を作るだけではないのがカジノの良い所です。

もちろん国では誘致した後にギャンブル依存症になってしまわないための対策を考案したり、治安維持のためにはどうするかをも検討中なので、全ての問題が解決されてはじめて日本でも合法化になるのです。まだまだ政治家や専門家が議論をしている段階であり、具体的にどこに建てるということや、何年までに可決させるということは考えられていませんが、前向きな議論が重ねられているのも事実です。誘致から完成までにはかなりの年月がかかりますが、もし国内でカジノの施設が出来た場合には日本全国から20歳以上の年齢の大人たちがプレイを楽しみに集まってくることになります。日本でもカジノ合法化へ向けての話は出ているのです。