長崎県はカジノ誘致の有力候補

日本政府は訪日外国人観光客を増やす、いわゆるインバウンド政策を推し進めています。そして、さらなる外国人観光客の増加を狙い、カジノを含めた統合型リゾートの整備を推進する法案を2016年12月に可決しました。今後は、法の整備と候補地の選定を行い、リゾート施設やインフラの整備が行われていく流れとなります。多くの自治体が地域経済の活性化や大規模な雇用創出を狙い、統合型リゾートの誘致に力を入れています。現在のところ、横浜や大阪といった大都市が本命と言われていますが、意外な候補地として取り上げられているのが長崎県佐世保市です。長崎県佐世保市といえば、オランダの街並みを再現したテーマパークとして有名なハウステンボスが有名です。カジノが合法化となった場合の候補地として、立候補しているのがハウステンボスなのです。長崎県や佐世保市の強力なサポートもあり、有力な候補地となっています。

ハウステンボスは、以前からカジノの誘致に積極的な姿勢を見せてきました。過去には佐世保市がハウステンボスにカジノ特区を設置するように、日本政府に提案したこともあります。また、ハウステンボスの子会社が長崎・上海間にカジノ船として運営していたこともあります。さらには、ハウステンボスの敷地内に現金を賭けないアミューズメントカジノという施設を設けるなど、誘致に対する並々ならぬ思いを知ることができます。そんなハウステンボスですが、ここ数年で外国人観光客が急増していることも話題となっています。これは、ハウステンボスの親会社であるH.I,Sが持つ、旅行のノウハウを活かした戦略が功を奏しています。具体的には、外国人向けの九州ツアーにハウステンボスを積極的に組み入れていることです、また、ハウステンボスのホームページでは韓国語・中国語・英語・タイ語の外国語にも対応しています。これは、アジアを中心とする観光客の集客に力を入れていることを意味します。もし、ハウステンボスにカジノを誘致することができれば、さらなる外国人観光客の増加を期待することができそうです。

では、長崎県にカジノを設置するメリットについて考えてみましょう。この点、ハウステンボスという統合リゾート施設が既にあるということが、最大の強みと言えます。他のエリアに決定した場合は、新たな交通インフラを整える必要があるでしょうし、施設の建設費も膨大に支出することになるでしょう。時間とコストをかけずに設置できるのが、長崎県佐世保市に誘致する最大のメリットではないでしょうか。
オンカジマニア「カジノVIPルームの賭け金はいくら?ハイローラーの利用方法条件」のブログ記事も一緒に!