日本におけるカジノの定義

世界各地に広がって浸透し、高い人気を誇っているカジノですが、日本では今はまだ合法化されていないために存在していません。それゆえに本格的に遊びたい場合は海外へ出る必要がありますが、最近合法化に向けての法案の是非を問うニュースなども見聞きすることも増えており、今後の動きに注目されています。

そんなカジノですが、日本で合法化されていない理由としては、カジノが賭博の意味と定義されており、賭博は基本的に法律によって禁じられているためです。それゆえに日本で賭博場を営業してしまうと違法行為として摘発され、時折ニュースなどで耳にすることもある違法カジノとは、違法に経営している金銭を賭ける賭博場のことを意味しています。

こういった定義から、日本ではカジノは一切楽しめないのかといえば、決してそういったわけではありません。金銭を賭けない場合は違法にはあたらないため、そういった場合は普通に遊ぶことが可能です。たとえばカジノバーやアミューズメントカジノといったところは、大抵は本場と同じルールのルーレットやスロットゲーム、ブラックジャックやポーカーといったカードゲームにバカラなどのテーブルゲームなどでも遊ぶことができます。ただし本場のようにチップやメダルことトークンを金銭に交換することは当然できませんので、どうしても運営側も利益が出にくい傾向にあり、それゆえに無人のマシーンを設置してあるゲームセンターのような形式か、もしくはアルコールで利益を得るバーの形式になっているところが多くなっています。そしてこういったところはインターネットで検索をすれば簡単にヒットするので、違法でなく安全かつ安心してゲームを楽しみ、利用することが可能となっています。

ちなみに日本では、金銭を賭けるギャンブルでも競馬や競輪、オートレースや競艇などは合法化されているので普通に楽しむことが可能ですし、もっと身近なところでは宝くじに関しても、やはり金銭を利用するので賭け事の一種に含まれます。また日本では浸透してよく見かけるパチンコについては、一度メダルに交換してから換金所に持っていくという方式なために賭博ではないという見解になっていますが、摘発こそされませんが、やはりグレーゾーンといったところでしょう。またオンラインカジノについても、あくまでオンラインなので直接取引しているわけではないといった見解なので、摘発されることはほとんどありませんが、パチンコと同じくグレーゾーンな状態です。「ブラックジャックを確率論&運で攻略!優位性を保つプロのかけ方」の記事をまだみてない方はこちらもチェック