日本でも導入が検討されているカジノとは

カジノとは、ルーレットやバカラ、スロットなどの遊行設備を整えた施設のことを意味します。最近ではただゲームを楽しみ、賭け事のみを楽しむというよりも、豪華なホテルの中に設備を配置することで、カジノ目当ての観光客を誘致することはもとより、豪華なホテルの設備を楽しみにやってくる観光客や、ホテルで行われるショーやアクティビティ、また併設する巨大なショッピングモールでのショッピングを楽しみにやってくる観光客にも魅力的な都市計画を行っている観光地が増えています。「◯◯◯」の記事をまだみてない方はこちらもチェック
ビットコイン対応オンラインカジノ(Bitcoin/日本語)」の記事をまだみてない方はこちらもチェック

カジノで最も有名な都市はラスベガスですが、ラスベガスの売上を実際には抜いていると言われるのはマカオです。マカオは中国本土の富裕層が多く訪れる観光地になりますが、やはり豪華なホテルや子供も楽しめるショーが充実しています。観光立国を目指す日本でもカジノの導入の検討が進められていますが、まだ日本国内においてはカジノは解禁されていません。また、ギャンブル依存症の方が日本は先進国の中でも多い傾向にありますので、導入の際には、日本の国民が入れないようにしたり、掛け金を制限するなど対策をすることが検討されています。実際シンガポールや韓国などでもカジノは自国民の方が入場出来ないようにたっており、入場の際には海外のパスポートを提示することが求められます。日本で導入が検討されているのは統合型リゾートと呼ばれるもので、カジノだけを設置するのではなく、一緒に大型ホテルやショッピングモールの整備も検討されています。

ヨーロッパでは大人の社交場として認識されていますので、子供を連れて家族で遊びに行くちいうイメージは強くはなく、ドレスコードも厳しい場所が多いので、ヨーロッパでカジノに行きたい場合には、ドレスコードがないか、ある場合はやはり1着はナイトドレスとヒールの靴をカバンに入れて行くようにしましょう。また、掛け金も富裕層の集まる場所ほど、最低掛け金を高く設定している場所がありますので、軽く遊びたいという場合は行く場所の選定に気をつけるようにしましょう。お金持ちの方の中には、あくまでも遊びの範囲とはいえ、大きくお金を使う方がいらっしゃいますので、釣られてかけ過ぎてしまわないように気をつけましょう。最初に予算を明確に決めて、それ以上は絶対に使用しないようにする方法も良いでしょう。特に初心者の方は場の雰囲気を楽しみながらも雰囲気に流されないように気をつけましょう。