カジノ誘致に積極的な北海道苫小牧市

日本におけるカジノ解禁の可能性が高まってきている現在、北海道においても誘致を目指して名乗りを上げる都市が見られます。北海道は、日本国内でも特に海外からの人気の高い地域で、中国や欧州、東南アジアや北米など世界各地からの観光客が訪れています。北海道ならではの新鮮な食材や料理、世界的にも珍しい特徴的な自然風景などが有名で、ドラマのロケ地となったり映画の舞台となったりと、海外(特にアジア圏)の人からは「聖地」のようにもなっています。そのため今後も海外からの観光客の増加が見込めるということで、より集客力を高めるカジノを誘致しようという動きが大きく盛り上がってきています。

北海道でカジノ誘致を表明している都市の一つに苫小牧市があります。北海道の玄関口であり、数多くの国際便も乗り入れる新千歳空港に隣接しているということ、洞爺湖や支笏湖やニセコなどの国際的にも有名な観光地へのアクセスが良好なこと、札幌まで特急で1時間圏内であること、都市単体の人口規模が大きすぎず小さすぎないこと、大規模な港湾施設を有しており大型旅客船の停泊にも適していることなど、苫小牧には多くの利点があるということで、立地に適しているということを大きくアピールしています。苫小牧市を中心とした50キロ圏内には、先に挙げた観光地の他にも魅力的な観光施設が集中しています。隣接する白老町には先住民族であるアイヌ文化を保存する目的で設立された博物館があり、2020年には国立の施設である「国立民族共生象徴空間」がオープンし、国際的にも知名度の高いアイヌ文化の発信を行う施設が新たに設立されることとなっています。海外の観光客にも十分に満足してもらえる施設となっており、カジノ誘致との相乗効果も期待されています。

現時点ではこの構想については具体化するにまでは至っていないものの、北海道内のカジノ誘致候補地の中では頭一つ抜きん出ているアピール力を持っているのが苫小牧市であるといえるでしょう。苫小牧市に誘致されることはかなり期待できそうです。実際に日本でカジノが解禁される時期については未定な部分が多いので今後の議論の行方に注目していきましょう。実際のカジノがオープンする前にも楽しめるのがオンラインカジノです。
w 88カジノの攻略法」の記事をまだみてない方はこちらもチェック
掛け金が少なくても手軽に始めることができますので、実際の施設がオープンする前に腕試しとして、あるいは雰囲気をつかむために挑戦してみるのも良いでしょう。