日本のカジノは企業ごとのライセンス制になる

税収面で大幅な収益が期待できるカジノは、誘致をすることで地方自治体だけでなく国益を左右するようなプロジェクトにもなるので、日本でも盛んに議論が行われています。日本では企業ごとのライセンス制になることが予想されており、国家から認証を得た企業しか遊技場を建設できない仕組みになる予定です。このため世界中から日本に施設建設を検討する外資系の会社が殺到することが予想されていますが、必ず政府機関で審査があり、審査に通ってから出ないと国内での営業が許可されないので、地下営業は事実上不可能になります。法律をきちんと整備することで健全なカジノ運営をしていくことができるので、ライセンスの発行にはかなり厳しい条件をかけ、信頼性の低い会社には発行出来ないような仕組みづくりが構想されています。
ビーナスポイント対応オンラインカジノ(VenusPoint)」オンカジおススメ情報はこちら

日本国内に本社がある企業も、カジノ合法化になれば真っ先に営業許可を取得希望する会社が出てくるので、現在ではアミューズメント関連の企業がその名乗りをあげています。アミューズメント関連の企業というのは、様々なお客さんに対して楽しいエンターテイメントを提供してきた実績があるので、経営が安定しておりカジノを運営する際にもノウハウがあるので、政府機関の認証評価は比較的簡単に出ます。厳しい審査はあるもののやはり世の中に広く名の知れた会社というのは、それだけ経営基盤も堅実で社会的信用度も高いので、よほど経営状況が悪化しない限りは政府もライセンスを発行する予定をとっています。国内では具体的なカジノ誘致について検討段階に入っているので、もし合法化になるととんとん拍子で話が進んでいくこととなります。

カジノの施設は海外資本の力を借りることも考えられており、合法化してからかなり年数の経った国の会社を誘致する予定もあります。もちろん海外から会社を呼びこむ時にも審査はあり、審査に通過してからライセンスが発行となるので、国内の会社がカジノ施設を建設するのと同じ手順で進出してきます。国内の会社だけでは施設の絶対数も少なくなるので、地方自治体が海外の資本を積極的に誘致する動きもあるのです。海外では国営企業によって遊技場経営がされていることも珍しくありませんが、国内で合法化となった場合には国がその権益を独占するのではなく、あくまでもライセンス発行だけを国の機関が行い、運営は民間の資本が行うという大まかな取り決めが決まりつつあります。ライセンスを日本国が管理することは公平性を保つためには欠かせません。