カジノは日本では違法

カジノは日本では今のところは違法な存在になります。お金を賭けて何らかの勝負をすることは賭博となり、今の日本の法律上は違法だからです。ごく一部、例外的に認められているものとして競馬や競輪、競艇などのいわゆる公営競技がありますが、これはあくまで例外です。競馬が良いのだからカジノのどこが問題なのかと言っても通用はしません。ちなみにパチンコやパチスロはグレーゾーンです。表面的には、これらのゲームは別にお金を賭けているわけではない、つまり、ゲームをするのにお金が必要ではあるが、勝ってもお金を稼げるわけではないという立場です。つまり、ゲームセンターでゲームをするのと同じだという理屈です。もちろん、パチンコで勝てば景品がもらえるだけではなくお金にも換えられるということは周知の事実なのですが、それはあくまでパチンコ店とは別の組織が勝手に景品とお金を交換しているだけで、パチンコ店そのものとしてはお金には換えられないという理屈になっているのです。

ですが、カジノではこのような言い訳は通用しないでしょう。しかし、日本にはそれがないことで海外からの旅行客、観光客を集める上でマイナスになっているのではないかという意見は根強くあります。実際、アジア諸国でも近年になって次々とカジノがオープンし、観光の目玉になっているくらいだからです。オンラインカジノお勧め情報はこちら「ワンダリーノカジノの裏事情」 日本でも遅ればせながらこのことに気付いた人たちが、賭博罪という法律の例外を認めるべきではないかと様々な運動を展開してきました。

その結果として日本でも2016年の12月に統合型リゾート整備推進法という法律が成立しています。統合型リゾートとは、カジノも含むホテル、プール、レストラン、ショッピングセンターなどが一箇所にまとまっているような施設、一言で言えばそこに来ることが外国人にとっても観光の目的になるような大型リゾート施設のことです。では、この法律で日本でもカジノが解禁されたのかというと実はそうではありません。この法律はあくまでそのようなリゾート施設を今後作るために必要な準備をしていきましょうというものであって、即座にカジノを作って問題ありませんと決めたような法律ではないからです。ですが、一応の方向性ができたことは間違いありませんし、賭博罪という法律がある以上は小さくない一歩であることも間違いないでしょう。今から5年、10年経過する頃には日本にもカジノがオープンしていると十分に期待して良さそうです。