toggle

カジノでの服装は場所によってさまざまです

先進国のほとんどにカジノ施設があって、もちろん法律に基づいて適正に運営されています。日本での印象としてはギャンブル依存症が拡大するとか、治安が悪くなるといったネガティブなものが多いですが、すでに解禁されている国での様子を見ていますと、実際には治安面も犯罪率の面でも改善が見られるのが一般的です。一つにはカジノ施設周辺の警備が強化されたことや、合法的なギャンブルを特定したことによって、闇の世界での賭博行為ができなくなったからとも言われております。

カジノが設けられてている国では、その運営は厳格になされています。地域によっては入場するのに年齢制限を設けて、入り口で年齢確認を行っているところもあります。またドレスコードを設けて、あまりにラフな服装を禁止している施設もあるほどです。これらはコンプライアンスの一環として行われ、犯罪の抑止にもつながっていると見られております。なお服装の規定がないところであっても、たとえば短パンやサンダル履きでの客には注意喚起することが行われています。服装こそ大事だということではありませんが、紳士淑女の社交場としてのカジノでは服装のあり方は決してゆるがせにはできないポイントになるのです。