toggle

カジノのバカラとパチンコの間にある違いとは

カジノの王様といわれることがあるバカラと、その業界規模の大きさから日本ではギャンブルの王様といわれることがあるパチンコ(自動球遊器)の大きな違いの一つは還元率です。カジノのバカラの還元率は98%台となっているのに対して、パチンコの還元率は80~85%程度で、数値の上ではバカラの方が参加者に対して有利であるといえます。ただし、これは全体の売上高などを元に計算された理論上の数値です。パチンコは店舗側が設定によって還元率に影響を与えられるほか、プレイヤーの技術によっても還元率を変動させられる余地があり、バカラについてもプレイヤーの技能に加えてコミッションと呼ばれる控除率によっても勝ちやすさが変わってきます。

オンカジマニアのブログ見ていない方はフィリピンカジノホテルランキング&比較評判、こちらも確認
還元率や控除率以外の違いについて述べると、パチンコは少額で始めることができる一方で勝ったとしても儲けが少ないですが、カジノのバカラは大金を一度に賭けることができ、負けると損失が大きい一方で勝つと莫大な儲けを手にすることができます。また、自動球遊器は営業時間内であれば近くの店で誰でも楽しむことができるのに対し、カジノのバカラは実店舗で楽しむ場合は海外に行かなければならず、オンラインカジノのバカラで遊ぶ際にも必要書類を提示した上で会員登録をしなければなりません。