toggle

カジノの利益率はかなり低い

世界各国で運営されているカジノですが、最近ではオンラインによるサービスもかなり充実しています。自宅でも遊べることで人気があり、運営側としても多くの人に遊んでもらえるメリットがあります。さて、そんなカジノの利益率に関してですが、日本に存在しているギャンブルに比べるとかなり低い数値です。例えば国内の公営ギャンブルは約25%、パチンコやパチスロに関しても約20%ほどの利益を得ています。それに対してカジノの場合は、ゲームの種類にもよりますが、全体的に見ると僅か5%ほどの利益率となっています。

この数値だけを見ると、とても良心的に思える一方で、本当に運営できるのか疑問に思ってしまうかもしれません。でも実際は、これほどの利益率でも十分に営業をすることができるのです。まず1つに、カジノには富豪層やVIPクラスの上客も多く足を運ぶので、そういった人たちがしっかりとお金を落としてくれます。また、比較的利益を生みやすいスロットマシーンなどのゲームも、ジャックポットの夢があるのでプレイする人も多く、そこでも収益を確保できます。また、オンラインによるサービスであれば、人件費や設備投資にもあまりお金がかからないので、さらに利益率を下げても十分に採算がとれます。