toggle

カジノが閉鎖とならないのは

カジノが閉鎖になったというのは時々聞くことができます。カジノの王様とも呼ばれているバカラが人気のあるところは閉鎖という言葉の意味さえ分からないほどの賑わいがあります。カジノでの勝率が約12という高いことがたくさんの人を引き付けています。基本的なルールを簡単に言うと、PLAYERとBANKERがカードを最大3枚引いて、そのどちらに1の桁が9に近い数字が出るかを当てるゲームです。賭ける方にいる人は試合を見ている観客のようにPLAYERかBANKERのどちらが勝つかを予想するのです。

日本人が最も分かりやすい相撲で例えると、ディーラーがルールに従ってカードを配りますが、その時勝負には加わることはできませんので、言うなれば行司のような、ただのカードの配布をする人です。実際にゲームをするのはBANKERとPLAYERですが、実際の相撲でしたら番付で力の差がありますがカジノでのバカラでは強弱や優劣はなく、同じ番付で戦うようなものです。賭け方も分かりやすく、PLAYERに賭ける、BANKERに賭ける、引き分けの3つから選びます。とても単純なゲームとも言えますが、それだけに多くの人を引きつけているのです。