toggle

世界のカジノでは入場料が設定されている

カジノでは入場料が設定されているケースが多いので、プレイに使う金額に加えて入場する際に支払う費用が発生することを知っておきましょう。
日本でも議論がされていますが、自国の国民がカジノ場に入場する際にはまとまった入場料を徴収するケースがあります。日本の場合、今現在日本人が日本のカジノでプレイする際には6000円を入場する際に徴収する案が検討されていますが、自国民が頻繁に競技場に入場することを抑制するために諸外国でも入場をためらう金額が設定されています。
シンガポールではシンガポール人がカジノ場に入場する際には日本円に換算して8000円ほどの金額を支払います。

しかし、アメリカはアメリカ人でも、外国人でも入場料は徴収されません。
アメリカのラスベガスではプレイを楽しむ以外にも、ショーを楽しむ家族連れなども多く訪れますので、特に自国民に対して入場の際に細かな規制を設定していない背景があります。
ヨーロッパなどでは、外国人観光客にも入場料を徴収するカジノ場があります。しかし、プレイに使用出来るチップとして還元されるなど支払った金額で損をしたと感じさせないシステムが作られています。

ただ、入場する際に10ユーロなどの金額を支払う必要がある場合があることは知っておいた方がスムーズに入場出来ます。
オンカジブログ最新記事チェックしましたか?ブラックジャックを確率論と運で攻略する方法!優位性を保つプロのかけ方