toggle
カジノのバカラ克服法

カジノの勝率を上げるにはどうしたらいいか

近年日本で話題になっているのが、パチンコやスロットなどではなくカジノになります。なぜ日本で流行しているかと言えば、そのような法律が2018年7月に出来上がったからです。実際にこの法律が使われるのは明確ではありませんが、施工してからになりますのでそれがおよそ1年後位と考えられています。ただ実際には、2020年の東京オリンピックに間に合うかと言えば建設などを含めると確実に間に合わないことが予想できます。もともと東京オリンピックを開催するときに一緒にカジノを作ってはどうかといった話があったため盛り上がったわけでオリンピックに間に合わないのではそれほど意味がないのではないかと想像できます。しかしながら、外国人観光客を狙ったものになりますので、特にオリンピックに限定する必要もないでしょう。これから、外国人観光客を増やすことを考えているのが日本政府ですので、その人たちをうまいこと娯楽施設に連れて行くことで国の収益を増やすと考えています。

実際にどのようなルールになるかと言えば、やはりなんといっても入場者を制限するために入場料取ることでしょう。現在のところ、日本人ならば6,000円の入場料をとることになりそうです。それ以外でも、依存症の人を減らすために1週間に3回以上あるいは1月に7回以上入場制限するような決まりも定められて予約法案が成立したわけです。ただ、現在のところディーラーが要請されておらず急ピッチでこの計画を進めていかなければなりません。カジノ上を開く場合に、人件費がかかることになりますがこれはやはりディーラーが最低限の人数必要になることでしょう。もし、ディーラーさえなければある程度カジノの勝率が上がる可能性が高くなるわけです。なぜなら、人件費が安いならばわざわざ勝率を減らさずに済むからでしょう。そうすると、そこにたくさんの来場者が現れ多くの人がお金を落としていきます。このような好循環が期待できれば、日本のカジノも消して暗いものではありません。ですが今のところ、不合理的な方法は考えられていないようです。このように、まだまだたくさんの問題点がある価値のですが、このような問題点を解消するためには、現在のところ他の方法をとるしかありません。

例えば、オンラインカジノがその例になります。オンラインカジノとは、インターネット上で行っているギャンブルの1つですが、スマートフォンなどで気軽に楽しめるため多くの人が参加しているのが現状です。そもそも家事のが禁止されていた日本においてなぜこのようなものができるかと言えば、一定の条件をクリアしているからです。オンラインの場合には、まず日本の電波を通しても日本の会社が運営しているわけではありません。外国の会社が運営しているものだからこそ、日本の法律に引っかからないようになっています。また、換金する時もその国の通貨で換金することになりますが、これも換金所が海外におりますのでやはり日本の法律が適用されないようになります。このように、一定の条件を備えたところなどが楽しんでも特に法律に引っかかる事はありません。当然ながら、遊んでいる最中に警察がやってきて警察署まで連行されるそんなことも考えにくいでしょう。

実際にカジノを楽しむ場合には、その勝率を高めていかなければなりません。勝率を高めるといっても、大抵どこのオンラインでも同じような結果になるでしょう。そこで重要になるのは、オンラインカジノで成功するために何を行うかです。言い換えるならば、どのように勝率を上げていくかが重要になるでしょう。実は、特別な方法があるわけでもなく裏技があるわけでもありません。ですが、勝てる人は特に特別な方法を利用しなくても勝ち続けることができます。もちろんだからといって油断をしてしまうと、途中で大きく負けてしまい今までの財産を全て失ってしまうことになりかねません。オンラインカジノ選び超重要ですね→まずはオンラインカジノランキングで第一歩

勝率を高める方法はいくつかありますが、負けないことが重要になります。どのようにしたら負けないようになるかはいくつかコツがあり、自分の心理状態をよく理解することです。人間は、わかっているときにはあまり大きく勝負をしたがりません。何故かと言えば、その段階で満足してしまうからです。ですが、負けている時は負けを取り戻そうとする癖があるのが大きく負けてしまう原因です。つまり、負けているときには、余計に傷を大きくしてしまい取り返しがつかないようなことになりかねません。逆に言えば、大きく負けそうしなければ勝ちの方が高かった可能性があるでしょう。このように考えれば、負けている時こそ自分の心理状態をよく考えて、それ以上トレードをしないことです。かなり高い確率で、分けているときにはさらに傷を大きくしてしまうものだと考えておきましょう。もう一つは、大きなお金を使うときに恐れないことです。大きく稼ぎたいくせにたくさんのお金をかけることを否定的に考える人がいますが、その矛盾に気がつくと勝率を高めることができるはずです。